よくある質問

よくある質問FAQ

ここでは、患者様からよくいただくご質問を紹介しています。

ここに記載されていないことで気になることや疑問がある場合には、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

Q.1 歯磨きをしているのに虫歯ができてしまいます。どのような原因が考えられますか。

説明する先生

A. 理由はいくつかあると思います。大人の場合は正しいブラッシングが出来ていない。厳しい言い方ですが、磨いているが磨けていないのが現実だと思います。

また唾液の成分やその量や歯の硬さなども重要なファクターとなって来ます。

しかしながら全て患者さんのせいという訳でなく、原因として歯並びの問題や詰め物が古くなって来て不適合となっている場合も磨き残しが多くなってしまう原因となってしまいます。

あまり周知されていませんが、歯茎にも種類や厚みの問題があったりして、歯ブラシが当たると痛いのでそこを避けて磨いてしまう事もあります。その時は歯茎の移植などを行う必要もあります。

ですので、やはり原因を正しく判断する事が重要だと思います。

Q.2 お勧めの歯ブラシやケア用品はありますか?どのように選べばよいのでしょうか。

説明する先生

A. ドラッグストアーには現在多種多様なものがあるので、その中で自分自身で自分に合ったものを見つけて買うのは至難の技だと思います。

おそらく皆様が歯ブラシや歯磨剤(歯磨き粉)をを買う時はその時々の特売品やネーミングで何となく買っている事が多いと思います。

当医院では患者さんのその時の状態やお口に合った歯ブラシや歯磨剤おすすめさせて頂いてます。

Q.3 歯が痛むわけではないのですが、歯をきれいに清掃したいです。どのように予約したらいいのかわかりません。歯のクリーニングと伝えればよいのでしょうか。

A. 定期的なメンテナンスと伝えてもらえると分かりやすいかもしれませんが、歯のクリーニングと伝えて頂いても全く問題ありませんのでご安心ください。

Q.4 虫歯になりやすい人となりにくい人ではどのような違いがあるのでしょうか。

説明する衛生士さん

A. 虫歯になりやすい人にも様々な理由があります。質問1でお話しさせて頂いた様に、自分で歯磨きをしているつもりなのに歯磨きの仕方に問題があったりうまく当てられてないなどにより虫歯になってしまっている可能性もあります。

しかしそれだけでなく、唾液の量が少ない、またその性質や歯の硬さや食事の仕方などの私生活にもよってきます。

唾液の性質やその量に関しては検査してみなければはっきりとはわかりません。したがって、やはり一度受診して頂いて先生に聞いてみるのがいいと思います。

Q.5 削った部分に詰め物が取れてしまいました。一刻も早く医院にいかなくてはまずいでしょうか。それとも、週末でも大丈夫ですか。

A. そうですね。できる限り早く受診されることをお勧め致します。

患者さんがよく勘違いされている事の一つで、一度治療した歯はもう虫歯になることはないと思っている方が多いです。

もしその治療した詰め物の入った歯を全く使わないのであれば、虫歯になる事もないかもしれません。しかし我々はご飯を食べたり飲み物を飲まなければならないですので、その歯を使わなければならないのです。

要するに「劣化」は避けられないのです。歯を虫歯のために削らなくてはならなくなってしまった場合、出来る事ならば我々は歯と全く同じ硬さで物性の物を入れたいと考えますが、残念ながら保険で使われている様な詰め物などは歯と硬さや物性はかけ離れてしまっています。

その事により小さい隙間が生まれて、そこに虫歯菌が入り込んでしまい虫歯になります。最近の接着剤は非常に性質が良いので、一部が虫歯になってしまったとしてもすぐには取れないのです。

ですので、虫歯は中でもっと広がってしまうから、取れてしまった時は自分で思っている以上に虫歯は大きくなってしまっている可能性は大きいので早めの受診を勧めます。