虫歯治療

虫歯治療Decayed

多くの人がかかる病気、虫歯

虫歯は歯科医療の中で最も多い病気です。虫歯は幼少の頃からかかる可能性があり、大人になってかかる人たちも沢山いらっしゃいます。

虫歯の原因をご存知ですか?

虫歯

虫歯とは口の中の細菌が作り出す酸によって起こる歯の欠損状態のことです。
口の中には数えきれないくらい沢山の細菌が存在しています。
その細菌の種類や量によって虫歯になるかどうかが決定されます。
普段、口の中は中性の状態に維持されており、この中性の状態では虫歯にはなりません。
しかし、飲食物に含まれる糖質を摂取すると口の中の細菌が酸を作り出し、口の中が中性から酸性に変わっていきます。
口の中ではこの酸性の状態を中性に戻す力が働きます。
しかし、酸性状態が長く続くと虫歯になってしまうのです。

虫歯の症状って?

虫歯になると様々な変化が体に生じます。
まず分かりやすいのは痛みです。違和感程度の痛みから、食事も食べられなかったり、眠れなくなる場合もあります。
さらに、虫歯が進行して歯の神経にまで到達した場合は痛みだけでなく、ほかの歯にも悪影響があります。
進行した虫歯は歯並びや噛み合わせなどにも影響を与えてしまいます。

虫歯ってどう治療するの?

虫歯は、虫歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分に詰め物を詰めたり、かぶせ物をすることで治療します。
当院では、麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用し、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。
むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1:エナメル質内の虫歯
エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。

従来の場合ですとこの時点で直ぐに虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填していましたが、当医院では現在はヨーロッパの虫歯を削る基準に則って判断しています。

虫歯の場所を患者さんにしっかりと口腔内カメラ等を使用して実際に観てもらい、その部分への清掃方法をお伝えして、御自身での自宅でのメンテナンス並びに、当医院で行う定期的なメンテナンスにより今まで以上の基準でより削らない治療を行なっております。(注:メンテナンスが途断えるとむし歯が管理できなくなる為、大きくなってしまう可能性があるので当医院での定期的なメンテナンスがしっかり行える環境が重要です。)

C2:象牙質に達した虫歯
象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

削らないといけないレベルの虫歯になってしまったら極力再治療のリスクの低い詰め物をお勧めさせて頂いてます。

保険の銀歯やレジンの寿命は平均約5年~7年という文献が出ています。使えてはいるが詰め物の中が虫歯になっている可能性が高くなって来ます。

歯と詰め物は硬さが違うので徐々に隙間が出来てその隙間から虫歯菌が侵入する事で二次的な虫歯となります。これを無視すると柔らかい象牙質に侵入した虫歯は一気に神経まで感染していきます。神経を抜くと歯の寿命は約10年縮まります。

抜歯をできるだけ避けるにはこの段階で何を詰めるかによって抜歯を遠ざける事が出来ます。

オールセラミックインレー、オールセラミックオンレー、金歯など、各種取り扱っております。

≫ 料金について詳しくはこちら
C3:歯髄(神経)に達した虫歯
歯髄に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。

症例によっては、MTAセメントや特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

この時点まで来てしまった場合は精密な歯の根の治療と適合の良い被せ物を入れる事で歯の寿命を大きく左右します。歯の根の中はラバーダム(ゴム製のマスク)を用いた無菌的な環境下で徹底的に歯の中を綺麗にして、またばい菌が侵入して来ない様に神経のお部屋に緊密な蓋をする事が重要となります。

歯の精密な根の治療:1根管2万円から

そして適合のより良い被せ物としてジルコニアセラミック、オールセラミック、金歯なども取り扱っております。

≫ 料金について詳しくはこちら
C4:歯質が失われた虫歯
歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

抜歯後の選択にはそれぞれメリットとデメリットがあります。それを充分にご理解の上で選択される事をお勧め致します。

当医院ではその説明に重きをおいて患者さんが納得して頂ける様に努めております。まずは本当に抜歯が必要なのかだけでもご相談下さいませ。

また抜歯後の処置によっては抜歯する時期を考慮しないと、抜歯した事によって難しいケースに陥ってしまう場合がありますので、出来るのならば、抜歯する前にご相談頂けると幸いです。

虫歯を我慢しないでください。最小限の治療で歯の寿命を長めます

虫歯により、歯に穴があいてしまったら治療を行わないと治りません。
虫歯は早くに発見して早くに治療することが重要です。
しかし軽度の場合は歯を削らないで虫歯の進行を止めることが可能です。
歯に違和感を感じたら、我慢せずに当院にいらしてください。

当院では、できる限り患者様ご自身の歯を残すことができないかを最優先に考えて治療を行います。
虫歯により、歯を削る必要がある場合でも、削る部分を最小限にとどめ、歯の寿命を可能な限り長くできるように努めています。

そもそも虫歯になりたくない!

虫歯はプラークコントロールをすることで予防できます。
プラークコントロールは虫歯の原因となる細菌を減らすことです。
歯科医院で歯のクリーニングや歯と歯の間のプラークを落とします。