熊谷さんの送別会

熊谷さんの送別会

こんにちは石川です。

先週の土曜日に8年間当医院に勤続してくれた熊谷さんが退職してしまいました。旦那さんの仕事の為マレーシアに移住する事になり辞める事になったのですが、実は去年からその話は決まっていたのですが、コロナのせいで延長延長が重なりやっと決まったという運びになったのでした。熊谷さんは8年もいてくれたという事だけでなく、彼女のキャラクターは皆様もご存知の様に非常に明るい為、当医院にとっては換えのきかない存在でした。僕だけでなくスタッフ一同ずっと彼女を引き止めていたのですが、旦那さんの仕事なのでそこは仕方なく退職となる運びとなりました。

僕の人生で8年も一緒に働いた人は彼女が初めてでした。ただ、その年数に関係なく彼女ほど頑張り屋さんで気合の入った仕事の出来る助手さんは見た事がないです。最初に彼女と会った時、前のスタッフの衛生士さんである小嶋さんと新しい助手さんの面接の時に熊谷さんが来てくれた時に二人とも満場一致で採用を決めた位にピンとくるものがあったのを今でも昨日の様に思い出します。そしてその二人の勘が間違いなかったのも今でも嬉しく思います。

昔当医院は10時から20時までの営業だったのですが、それを変えるきっかけになったのも熊谷さんでした😊助手さんという仕事は何らかの歯科の国家資格を有さない為、歯科医師や衛生士さんや技工士さんの下に見られがちですが、僕の考えでは全く違います。それはきっと熊谷さんが変えてくれたのかもしれません。患者さんは通常病院に入って来てくれて、診察券を渡した後に治療を行い次のアポイントを取って帰りますよね。つまり、最初と最後は必ず受付(助手さん)を通るのです。つまり、彼女達は病院の看板なのです‼︎緊張して来てくれる患者さんに一言かけてあげたり、緊張する治療が終わった後にお疲れさまや優しい一言をかけてあげらる大切さを彼女は理解していました。その為か彼女は非常に多くの老若男女の患者さんから好かれていました。僕自身も彼女からたくさん勉強させてもらいました。

彼女が残してくれたこの経験を活かしていきたいなと思うだけでなく、さらに高めていき、患者さんに寄り添い、愛される病院作りを努めていきたいです。彼女はもういないですが、彼女と同じ気持ち、考え方を引き継いだスタッフと共に今後とも頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

投稿日:2021年3月15日  カテゴリー:ブログ