ギャップのない治療

ギャップのない治療Treatment Style

「ギャップのない治療」

これがK DENTAL OFFICEが診療にあたって意識していることです。

診断中

患者様にとって歯の中で起こっていることは、歯科医のようにはわかりません。それはあたりまえですよね。歯科医は歯の治療を生業としているので、その分野に関してはプロフェショナルです。

一方で歯科に限らず医療に関しては患者様は説明を受けても真の意味では腑に落ちているかいないか、それすら判断できないような状況だと思います。

診断画像

当院ではもちろん、皆様が納得されるまでしっかりとご説明いたします。そして、この説明したことと実際がかい離しないよう、充実した設備を活かして「目で見る情報」を提供することを心がけています。

たとえば、口腔内カメラ3Dの治療シュミレーション画像など用いて、患者様にご自身の歯の状態をご確認いただきます。どこが悪いのか、なぜこのようになってしまったのか、自身の写真を見ながらご説明いたします。

マイクロスコープで治療中

また、必要であればマイクロスコープも用います。肉眼の3~20倍に拡大した視野で、より正確に治療いたします。経験や勘だけに頼らず、高度な機器を生かしながら確実な治療を提供します。

できる限りの説明をすること情報提供に努めます。