勉強会、京都、伊勢志摩に行って来ました。

勉強会、京都、伊勢志摩に行って来ました。

 

こんにちは!やっとネット環境が整ったのでブログを更新出来ました。

4月に研修会の卒業メンバー達と京都で再集結して来ました。写真は京都のお寺と祇園での舞妓さんと九条ネギがたっぷり入った京おうどんです。舞妓さんは実は小学校の時に修学旅行で観させて頂いた事があったので人生で2回目だったのですがとても貴重な体験をさせて頂き、思い出に残る夜でした!次の日は大阪にいる祖母のお見舞いだったのでそれまで一人で京都を散歩して楽しみました☆

ゴールデンウィークは人生で初めて伊勢志摩の方まで行って来ました。賢島という所で泊まってたのですが、とても静かでのどかな所だったのでゆっくり体を休める事が出来ました。伊勢海老はこっちだと高くて食べれませんが、伊勢だとさすが地元だけあって、このサイズでなんと3300円という驚きの値段でしたが、味もとてもおいしかったです。夜はうえむらという焼肉屋さんに行ったのですが、ここも驚きの値段と肉の質でした!!おススメです!!川も海も綺麗でとてもリフレッシュできました。

こうまとめて書くと、遊んでばっかりいるような感じですがそんな事はないんです!!先週末は勉強会で歯茎の移植について学んで来ました。この勉強会は少人数制のものでしたので、業者などのバイアスがかかってない物だったので、完全に日々の臨床に活かせるもので、本当に勉強になりました。我々は普段勉強会などで神ケースと言われるような本当にうまくいったケースを見る事が多いですが、その先生達も全てのケースでそれが行われている訳ではありません。当然思い通りに行かなかったようなケースもあります。ただ、その後そうゆうケースに対してどう対応して行くかが重要だと思います。昨日は同じ勉強会の先生の発表の練習にお邪魔させて頂いたのですが、その先生も同じで気持ちでした。今後超高齢社会になる中で我々はどのように介入していけばいいのか。患者さんは間違いなくこれからは高齢者の方が増えていきます。我々が作ったものが長く使ってもらい、その患者さんが健康的に笑って過ごして頂ける様に患者さんに寄り添っていけるかが重要になって行くと思います。みんな健康のまま過ごしていければいいですが、なかには施設に入らなければならなかったり、病院に長期的に入院しなければならなくなってしまう事も考えて治療計画や材質などを考えていかなければなりません。そのためにはいつでも自分の中で多くの引き出しを持っていなければなりません。例えその引き出しが自分になかったとしても、自分の知っているその引き出しを持っている良いドクターを紹介できる事も重要だと思います。患者さんを抱え込む先生もいますが、自分の専門外や自分にその技術が足りないと判断した場合、自分の伝手を使って紹介してより良い治療を受けてもらう事も重要だと思います。そんなドクターにもっと近づけるように頑張っていきたいと思います。

投稿日:2018年5月16日  カテゴリー:ブログ, 勉強会